【ETRO(エトロ)の修理例】革底補強・滑り止め

寒さも大分和らぎ春の訪れも近い感じがします。

そろそろお足元もブーツ等からパンプス等に変わる頃ですね。

写真のような綺麗な色合いの靴が見られるようになります。

ETRO(エトロ)婦人靴

衣替えの季節、服に合わせて新しい靴を購入する方もいらっしゃると思いますが、本日は新しく購入した靴が長持ちする方法をご紹介しようと思います。

婦人靴のパンプスの靴底はすっきりしたデザインにするために、薄く作られております。

特にレザーソールの靴底は限りなく薄い状態で貼られており、とても美しいシルエットです。

そんな美しいシルエットの靴ですがちょっと気をつけないといけない事が2つあります。

1つ目は靴底が薄いため、そのまま何もせずに履き続けますとつま先が痛みやすい事です。

レザーソールはラバーソールと比較しますと磨り減りやすい特性があります。

靴底が磨り減ってしまいますとアッパーを路面の摩擦から保護出来なくなり、アッパーのつま先部分が擦れて色が剥がれてきたり、つま先に穴があいてしまう事も。

2つ目はレザーソールは歩いていて大変滑りやすい靴底だという事。
滑り止め加工が施されておりませんので、特におろしたての時は滑りやすい状態です。

上記2つの困ってしまう事を防ぐ方法ないのでしょうか?

時間をかけずに簡単に解決出来る方法があります。

それは靴底を薄いラバーシートで補強する方法です。

それでは実際にどのように仕上がるのか見てみましょう。

靴底補強前です。

ETRO(エトロ)靴底補強前

とても綺麗なレザーの靴底です。

靴底の地面に接地する部分だけにラバーのシートを貼って補強します。

靴底補強後です。

ETRO(エトロ)靴底補強後

ラバーシートの色は自然な感じで仕上がるようにベージュを選択しました。

ラバーシートは滑りにくさと耐摩耗性のバランスに優れた素材を使用しましたので安心してお履き頂けると思います。

今回のように靴をお履きになる前に靴底補強する事で靴が大変長持ちします。

暫く履いていてお貼りしたラバーシートが薄くなってきましたら新しいラバーシートに貼り直す事も出来ます。

靴底のつま先がいつも痛みやすい、靴底が滑りやすくて安心して履けないなどお困りでしたらご紹介した靴底の補強をお勧め致します。

今回ご利用頂きましたお客様誠に有難うございます。

修理内容まとめ

修理メニューラバーハーフソール
修理時間40分程
修理料金¥2200(税別)から

*修理時間はお店の混雑状況によりお時間がかかる場合がございます。
*修理料金は靴の状態、使用する材料によって変わります

コメント


認証コード7052

コメントは管理者の承認後に表示されます。